猫ちぐらの気まま生活☆時々旅

旅好き 猫好き の気ままな生活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

にゃーちゃん




今朝、にゃーが車にひかれ死んでしまいました。

臆病で怖がりで慎重で、いつも道路には出ないのに、今朝どうしたことか。何故道路へ出たのでしょう。

お隣さんが、ひかれているよと知らせてくれました。

私はショックでたまりませんでしたが、すぐににゃーのところへ行き、抱っこしました。

体はぐったり、まだ温かいです。
急ブレーキをかけた音が聞こえなかったので、そのままひかれちゃったんだね。

口と鼻から血が出ていたけど、姿は無事でした。
でも呼び掛けても反応はしない。
分かってるけど即死でした。
口から流れた血が付くと言われたけど、そんなのどうでも良かった。

ずっと抱っこしていた。
ひかれてすぐなら、意識がなくなるまで抱っこしてあげられたのにな…
日差しが強くなってきたので、小屋に連れていってそのまま抱っこしていた。

何もしてあげられなくて悲しかった。
私はこの3年間で愛情たくさん注いだつもりだけど、それでも足りなくて。
もっともっと一緒にいたかった。


家の人以外には近付けない臆病者。
私以外の人に抱っこされるのは大嫌い。
朝6時と夜6時のチャイムが流れると、どこへいても飛んで帰ってくる。ご飯の時間だから。
私の後にいつもついて来る。
一人で部屋に残されるのが嫌。寂しがり。
お風呂の蓋の上で上がるまで番をしてくれる。
裏で出会うと嬉しそうについて来る。裏の畑が大好きだった。








インフルエンザで隔離部屋にいるときはずっと一緒にいてくれたな…

帰ると玄関でお腹を出して、ずっと鳴いて待っていてくれた。

朝方起きて、『おはよう』って言うと嬉しそうにルルって喉を鳴らしてベッドに飛び乗り、顔を舐めスリスリの挨拶。




本当に私にしか懐かず、他の家族のみんなに申し訳ないところもあったけど、みんな可愛がってくれた。

太く短く生きたのかな。
まだまだ気持ちの整理が出来なくて
悲しくてたまらないけど
幸せな時間をありがとう。
来世も出会おうね。

大好きな畑の中でゆっくりお休み。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/31(金) 10:51:34|
  2. | コメント:0

最後の、お花見

fc2_2013-05-22_21-01-41-242.jpg

実家のりんご畑を今年で最後にする、と実家の決断。
必然的に実家の畑で見るりんごの花は最後となりました。

実家の提案で、みんなでお花見しましょうと。
メンバーは、10年以上のお付き合いのある東鳴子温泉の旅館大沼さん率いるメンバー。
以前大沼さん主催の手前味噌作りでお世話になったお味噌の先生、プロカメラマンの丸山さん。

実家の父母は、大沼さんに一昨年お世話になり
忽ちにして大沼ファンになった二人です。
そこからそちらのルートでも繋がりが出来ました。


第二チームは姉のお義母さんとお義父さん。
少年のようなお義父さんと、美人で素敵なお義母さんです。
その年代では珍しく美男美女のご夫婦。

私の主人は仕事でとても残念がっていましたが、同席することが出来ませんでした。

りんごの花が満開に咲き誇る中、テーブルを作り、持ち寄ったお料理を並べてお花見です。


姉の義父母さん方の山菜、ぼたもち、煮付け、餅米のお稲荷さん、などなど

大沼の女将さんのだし巻き、筍酢飯、筍の煮しめ、などなど

私はカスピ海ヨーグルトだけでしたが(笑)

天気も良く、暑いくらいでしたがりんごの花に囲まれた宴はとても楽しかったです。

今はもう花も散り、違う景色。
もう少ししたらりんごの若い実が生ります。

一つ一つが最後の景色。
大切に見ていきたいです。

最後のお花見セレモニー。
大沼さんや、大沼さん率いるメンバーの皆さん、姉の義父母さんと楽しい時間を過ごせたことに心から感謝祭します。
  1. 2013/05/22(水) 10:20:21|
  2. きまま
  3. | コメント:0

花見

GW始め、インフルにかかってしまいました。
お陰で体力は消耗するし、お出掛けは出来ないしと散々。

やっと昨日、病み上がりながら主人とお花見にドライブしながら行ってきました。
まだちょっと早いようですが、一部咲いていたし見れて良かったな。







帰りに見た不思議な雲。
そう言えば太陽も真っ赤だったなあ。
  1. 2013/05/06(月) 13:51:33|
  2. 旅行
  3. | コメント:0

たからもの

大好きな作家さんにお願いしていた品が出来上がったとのことで、受け取りに行ってきました。

私が宝物にしたくて、お願いした物です。
これは自分の物なので急がないですと伝えていたので、ゆっくり楽しみに待ちました。


受け取りに行ったときに、またまた感動してしまいました!
絵を見ると本当にため息が出ます。


記念すべき私の宝物、No.1。
年を取る毎に、素敵な宝物を集めていきたいです。




  1. 2013/05/06(月) 13:37:59|
  2. こだわりたい物
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。