猫ちぐらの気まま生活☆時々旅

旅好き 猫好き の気ままな生活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幸せ日記帳

今年に入ってから、
『今日の良かったこと、幸せだったこと』
だけを書く手帳があります。

2,3日溜めこむと本当に厄介で、後で書こう、と思っていたことも簡単に忘れ。
その日に感じた幸せを思い出すことも出来ず、日記にも書けず・・・。
悔しくスッキリしない気持ちになります。

ですから、その日のうちに書くのがベストなんだなぁと
当たり前のことながらも実感する日が多々あります。


最近、ついてないなと思うことが多くありました。
でも、幸せ日記帳にはそれは書いてはならぬ、と勝手にルールを作ったので
幸せ日記帳には書きませんでした。

本当に良くない日って、良いことを見つけることは0%に近い。
でも、その中で幸せを見つけたら、絶対に日記に書くべきだよね。
マイナス、マイナスばかりで人は生きていけないものね。
マイナスが95あったら、プラスが5あるだけで本当に幸せな気持ちになる。

でも、幸せだらけの『何か』があったら、
それを見るたびに幸せになれますよね!

幸せ日記帳、継続してます^^

スポンサーサイト
  1. 2013/02/28(木) 21:49:26|
  2. きまま
  3. | コメント:0

納豆

丹波の黒豆。
お正月料理に使って以来、冷蔵庫に眠っている…。
せっかくのお豆がかわいそうと、納豆に変身させることにしました。



納豆って、意外と簡単に出来ちゃうんですね。
知らなかった。

豆は前日から水に浸しておき、当日は圧力鍋で30分煮ます。
煮上がった豆は大きくてふっくら、やっぱり丹波の黒豆はさごいね。

発泡スチロールを準備して、1日発酵させるだけ。

簡単すぎる!Σ( ̄□ ̄;)
さすが納豆菌、強いです。

1日~2日熟成させてから家族でいただきます。
職場の人にも今日お裾分け持ってきたので、家で熟成してもらいます。





自分で作った納豆を食べるのって、楽しいですね。
沢山作ったんだけど、すぐになくなるだろうからまた作ろう。

これって、菌が頑張ってくれるだけで、私は楽チンだからそう思えるんですよね(^_^;)
  1. 2013/02/21(木) 15:09:04|
  2. 手作り
  3. | コメント:0

伝統行事

YouTubeのかまくらを見てから、こんなにも素敵なものだとは…衝撃を受けていました。
ですから、今年は絶対行ってみようと。

何年か行っていない間に、色々と便利になっていました。
まず、横手駅西口から市役所通りがそんなに遠くなくなったこと。
駅も新しくなり、なんだか違う駅に来たようでオロオロしてしましました。

市内のかまくらは、いくつかに点在しています。
その場所を巡るのに、無料シャトルバスが運行されていました。
北国育ちの私達でさえ、今年は寒く感じたので都会の方はバスで助かったのではないでしょうか。
私たちはウォーキングも兼ねて全箇所歩きました。
家に帰ってお風呂に入ってもなかなか体が温まらなかった^^;

さて、二人きりで久しぶりの食事。
それが済んだら市役所前の広場の壁が一面かまくらの所を
写真撮ろうと話していたのに、すっかり忘れて撮りそびれました・・・。


まずは歩くは蛇ノ崎橋。


橋の下にミニかまくら。本当にきれいでした。


橋の先には二葉町のかまくら。

知人のお子さんがかまくらでお仕事をしていました。
伝統行事に参加できるなんて本当に素敵だなあ。

神社もかまくらできれいです。


あちこちにかまくら。


かまくら、かまくら。


歩いて横手城。


お城へ上る階段。


城下町羽黒町。
暗闇にポッと明かり。


寒いのにほっこり。


こんなに素敵な行事だったとは。
感動出来た日でした。


  1. 2013/02/17(日) 20:14:04|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

久しぶりの 『ただいま』

結婚当初。
当時若く、収入の少ない私達の楽しみは。
朝主人が帰宅し、遅い朝ごはんを済ませてから
夏の日中は涼しい場所や大きな滑り台がある公園を求めドライブし、
日の沈む頃に西日の暑さが残るアパートにまた帰っていました。

冬の夜は夜景 、昼は白鳥の飛来する川・・・
本当によく歩いたものです。

西日の当たるアパートに住み、エアコンもない部屋に小さな子と3人で住んでいた当時。
夏の午後は本当に地獄でした。その場所をを避けるべく、食費を削りそれをガソリン代として
少し離れた湧水群のある地域へ避難するのが本当に娯楽で、私たちにとっての極上の幸せでした。

切り詰めた生活をしながらも小さなことも楽しみにしていた私達にとって、
最上級の娯楽がドライブや小旅行だったのです。


温泉でゆっくりしたいねと、その頃雑誌の一目ぼれで決めたのが、
旅館大沼さんでした。
 
15年ほどお付き合いのある、東鳴子温泉のお宿、東鳴子温泉の大沼さん。
一度訪れてたその時から、ずっとファンでした。

今年、久しぶりに大沼さんへ行けることになり、行く前からわくわくが止まりませんでした。
それは息子も同じだったようです。

小学校のスポ少、中学校の部活動が忙しくなると土日はほぼ毎日野球漬け。
冬も練習があります。人数の少ないチームで主人も教える側だったので休みがありませんでした。
中学校ではおかげさまで全国大会に出場することが出来たので、感謝感謝です。

何年か大沼さんへ来ることの出来なかった息子。
『俺、あの温泉に行くことが本当に楽しみだったんだよなー。』
だそうです。
小さいころから続けてずっと楽しみにしていることって、本当に「良い物」だと思います。
こんな気持ちを持っていたなんて、親でも気付かなかったし、驚きです。
いつまでも大切にしてもらいたいです^^



体をリセットするつもりで一汁三菜プランにしました。
酵素玄米。

リセットのつもりが、おいしくて朝は4杯食べてしまいました・・・。
本当に美味しかった!


床下からお湯のせせらぎが流れる空間
アロマ蒸し風呂。



翌日は無農薬大豆で作る「手前味噌作り」に参加してきました。



仕込みの終わった味噌は、小分けで頂きました。
くるみ豆、という豆を作っているそうです。
本当にふっくらして味が濃い豆でした。
朝食は、そのくるみ豆の手作り納豆。
本当に美味しかった!

納豆、うちでも作ってみます。


久しぶりに入った大沼さんの温泉。
その香りが鼻から入り、全身を巡り。
「ずっとこのお湯に会いたかっんだたー。ただいま。」
と思いました。

味噌作りでは様々な人と接することが出来、よい刺激にもなりました。
実家の母はさっそく新しいご縁が出来たようでした^^



大沼さん
また、心を洗いに行きます。
  1. 2013/02/11(月) 18:45:43|
  2. こだわりたい物
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。