猫ちぐらの気まま生活☆時々旅

旅好き 猫好き の気ままな生活です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガーベラ

これは、今日の記事ではありません。







今日、実家のお母さんがモモの埋葬された畑に行ってきたそうです。


私が土に差したガーベラは、とても元気に咲いていたって。
不思議なくらい…



モモが亡くなった日、盛岡から親戚の叔母さんが来ていて、お客さんに気配りをしなくてはいけないし、お母さんはモモの悲しみを思い切り出せずにいた。

叔母さんには、折角来たのだから思う存分いてもらう気持ちだったと。
お母さんの気持ちも分かりました。

ただ、夜はとても寂しくてたまらなくなったそうです。



叔母さんが戻られた今日、お母さんはリンゴを持って、モモの主治医の先生に行きました。



手術前の数値が若い猫と同じくらいで、術後も問題のない数値だったのに、モモがどうして死んでしまったのか、自分が納得したくて行ったそうです。


手術前にも先生が言ったように、モモはかなり臆病な性格で。
そういう体質の子は、術後すぐに亡くなってしまうことが多いそうだ。

出来ることなら、切断手術を避けたいと先生は言っていたんだ…。


でも、回復を待ったけど悪化をたどる一方で、モモの家族は切断手術を決意した。





術後、家に帰って来たモモは、

やっと家に来た~

と言わんばかりにバランスを崩して転びながら、床にゴロニャンしたんだって。


本当に嬉しかったんだね。



14年間、外泊なんてしたことがなかったのに、よく頑張ったね。




それからのモモは、外を見たり、日当たりのよい場所で日向ぼっこしたり。

だけどご飯は食べることが出来ず、ペースト状のものをほんの少し…注射器でミルクを無理矢理に近い状態でもらってた。


でも、小さな注射器3回分はほんとに気休めで。






段々モモは動けなくなっていった。


モモが最後の日、モモを抱いたとき、うちのにゃーより軽くて、私は泣いた。





目だけで訴え、話すようになっていた。









モモが最期の力を振り絞って、お母さんにさよならを言いに来た朝。




外出していたお父さんお母さんを待ってから、モモは逝った。





モモが居なくなってしまった 今





お母さんは大丈夫だろうか。




モモが、現れてくれることを待っている私達に、モモは現れることはなかった…。


今日こそは…
今日こそはと思って待っているのだけれど…




モモ、出てきてくれないね。







モモ、元気でやっていますか?
スポンサーサイト
  1. 2010/11/26(金) 21:37:43|
  2. ブログ
  3. | コメント:0

モモとさよなら

午前、姉ちゃんが夜勤の前にモモに会いに来た。

姉ちゃんが拾ってきたモモ。

あれから14年。

右手に傷を負うまで、そう夏まではじゃれたり遊んでいたね…。
キャットニップが大好きだったモモ。
裏のハーブガーデンでよくキャットニップをかじりゴロゴロしていた。


原因不明の右手。
段々元気がなくなっていったね…。




昨日はお父さんお母さんが帰って来るまで待ってから逝ったの…?

お父さんの誕生日。



モモは起き上がるのも大変だったのに、ちゃんと横のトイレにおしっこしてからまた布団に入ったんだね…。


昨日のモモは、体温が低かった。

泣きながら私はモモに湯タンポを作り、あげても吐いてしまうというのに必死でミルクを作って注射器に入れた。


『モモが死んじゃうよ…』
泣くのを堪えられなかった…。
旦那さんと息子の前でボロボロ涙が出た。


夕方、また会いに行くと、モモは湯タンポのあったかみと一緒に動かなくなっていた。



小さくなったモモをお母さんは抱き、モモ、モモとなで続けて。

お母さんが大好きだったモモ。
裏庭やお風呂までついて回り、お母さんの傍が大好きだったね…。


明日起きたら、またモモは目を開けるとお母さんも私も思った。




今朝モモはやっぱり冷たく、モモはもう帰ってこないんだなとまた悲しくなった。



仕事に行く前、私はまたモモに会いに行った。

モモに似合うオレンジ色のガーベラの花束を持って。



モモは、実家の桐畑に埋葬された。

最期まで食べることが出来なかった、大好きなカリカリのフードを沢山、入れてあげた。

モモの上に、花束半分のガーベラを乗せた。


土をかぶせられた後、モモのいるところに残りのガーベラをお供えしました。




モモ、天国はあったかい?
3本足でもいっぱい走り回れる?
カリカリ、食べてる?




モモ、私達のところへ来るのを選んでくれて、ありがとう。


また会おうね。
  1. 2010/11/22(月) 16:22:45|
  2. ブログ
  3. | コメント:0

ありがとう

実家のモモが、さっき14歳で永遠の眠りに就きました。


涙が次から次へと流れ、モモの元気だった頃の姿や、病気になったとき、そして最期のときが頭を駆け巡ります。



モモ、みんなのために笑顔をありがとう。
安らぎをありがとう。


モモ、頑張ったね。
ゆっくりおやすみ
  1. 2010/11/21(日) 20:47:02|
  2. ブログ
  3. | コメント:0

ジブリ美術館 と 2007夏 そして昔

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
  1. 2010/11/16(火) 11:10:24|
  2. ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。